社長挨拶
夢・道徳・心
私は、現場での経験を大切にしております。
現場にはいろいろな問題が発生しますが、何としても問題を解決しようと努力することが人を育てるのだと考えております。
株式会社シモムラは、現場での適切な対応を求め、問題点を整理することにより、成長してまいりました。創業から振り返ってみますと、そこには常に変わらない指針があったと思います。それは夢・道徳・心であります。共にビジネスに取り組む時に、夢・道徳・心が欠けていると良い成果は期待できません。
共に繁栄するために、夢・道徳・心は欠くことができないのです。夢の大きさだけ大きな問題があり、夢の多さだけ多くの問題があります。夢を持っている人はさまざまな問題を解決しなければ、夢の実現はありません。現場での問題が私たちの次の飛躍の鍵を握っており、夢を持っていれば必ず解決の糸口を見つけることができると考えております。
また、予期できない現実の変化が多くの問題を生み出します。
そんな時、しっかりとした道徳観を持っていれば、大きく道を踏みはずすことなく解決できると考えております。
そして、人の心を慮(おもんぱか)ることが商売の発展に欠かせません。
夢・道徳・心は、サービス業を極める上で、原点であると思います。経営理念の「思いやりと尊重」は、ビジネスに参画する上で、ひと一人ひとりを大切にすることを基本としていますが、そこに夢・道徳・心が欠けていれば大いなる躍進はないものと考えております。
下村 友二
代表取締役社長 下村 友二